オフィスの冷房で肩こりが悪化?うまく工夫して予防しよう!【東小金井駅前整骨院】

投稿日: #健康コラム

今はエアコンが普及しており、どこのオフィスでも夏の間はしっかり温度調節がされている中で仕事できます。エアコンの温度設定はオフィスによって様々ですが、中には寒さを感じるほど冷たくしているという場所もあるようです。そういった環境の中でデスクワークをしていると、エアコンによって身体が冷えてしまう人も少なくありません。冬の寒さとは異なり、機械で空気を冷やすことで起こる寒さなので、身体へ影響が出てしまう場合もあります。特に冷風が当たりやすい肩は、対策しないでいると思った以上に冷やしてしまっているかもしれません。肩が冷えれば肩首周りの巡りが悪くなり、結果つらい肩こりになってしまいます。身体の血流も悪くなりますので、身体全体が冷えてしまうことも考えられます。
このようにエアコンによって暑さを凌げるようになった反面、今度は冷えすぎによる健康被害という問題が生じています。エアコンを使いつつ肩を冷やし過ぎないようにするには、いくつかの工夫をしておくことが大切です。外が暑いので身体を冷やしてしまいがちですが、対策をして冷やし過ぎを予防しましょう。
まず、エアコンの温度設定を低くし過ぎないよう気を付けましょう。オフィスによって適切な温度は違ってきますが、エアコンだけで室内を低くしようとすると設定温度も下げなければ冷えにくいという特徴があります。エアコンから出る冷風は一部に固まってしまいがちなので、扇風機を併用し空気が循環するようにすると設定温度を下げなくても快適になります。どうしても温度を下げないといけない場合には、身体を冷やさないように上着を着るようにします。羽織り物を準備しておくと温度の変化に応じて調整ができ、大変便利です。また、エアコンから出る冷風が直接身体に当たらないような工夫も必要です。冷風が身体に当たると大きなストレスが掛かってしまいます。もしもオフィスの中でエアコンの冷風が当たる場所に配置されていたら、可能であれば場所を移動させてもらいましょう。その他、冷たいものを飲み過ぎないのも効果的です。冷たい飲み物は身体を内側から冷やしてしまいます。エアコンが効いている空間にいる間は、できるだけ温かい飲み物を飲むように心掛けてください。例え暑い場所でも、常温程度のものを積極的に摂るようにしましょう。

東小金井整体院ではエアコンの冷えによる肩こりのお悩みにも対応しております。身体が冷えてくると肩をすくめてしまいやすく、更に肩がこるという悪循環に陥ってしまいがちです。東小金井駅南口から徒歩2分と、お仕事やお買い物帰りにもお立寄りやすい立地となっております。ぜひ一度東小金井駅前整体院までご相談ください。お待ちしております。